×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

旦那の考えが理解できない

このあいだまたお金を借りました。うちの旦那が失業してプー太郎で、まったく働く気配がないからです。あと4か月後には失業保険がもらえるから、それまで我慢しろというのです。 失業保険をもらいたいのはわかりますが、それまで就職しないつもりのようです。失業保険をもらわないと損だという考えのようですが、それはあるていど貯金がある男が言う言葉です。

4か月も1万円もなくて、どうやって親子3人生活していけというのでしょうか。旦那の金銭感覚にはまったく理解できません。家賃や電気、水道、ガスの光熱費はどうやって支払えばいいのか、わかりません。

私には生後3か月の生まれたばかりの子供がいて、私も働くことができません。一日3時間でもパートに出たかったんですけど、通勤も含めてたった4時間も、旦那は子供の面倒を見てくれないのです。私も一日1食でなるべくお金を使わないように頑張っていましたが、とうとうお乳が出なくなってしまいました。母乳がでなければ、粉ミルクを買えばいいのですが、それさえ買うお金がありません。情けない話ですが、我が家には貯金というものがありません。私が旦那から渡された少ない生活費の中から、貯めたへそくりが数万円あるだけでした。それも子供の出産で、赤ちゃんの肌着やベビーバスや新しいタオルなど買い揃えたら、すっかり使い切ってしまいました。出産というのはお金がかかるものなのだと気が付きましたが、もう遅かったのです。

旦那はお金だけがすべてじゃない。といいますが、私にとってはすべてです。お金がないと子育てもできません。旦那も私も仕事をしていないので、それでもお金を貸してくれるというところから3万円借りることができました。ヤミ金並みに金利が高いですが、今はそんなことを言っていられません。ご飯を食べなければ、栄養失調でお乳が出ないのですから。借りた3万円は、子供の粉ミルクよりも、私の食事代に使いました。私が倒れたら、この子を誰が面倒見てくれるのでしょうか。だから私が健康で生きていなければならないのです。今は先のことは考えていません。とりあせず、今生きていることが一番です。