×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貧乏学生に転落

学生はお金がないものだと思っていたけど、周りの友達が金持ちの息子だらけでした。僕もそこそこ金持ちの息子だったのですが、親の経営破たんのとばっちりを受けてしまいました。仕送りを減らされてしまったので、彼らと一緒に遊んでいると、お小遣いだけじゃ足りなくなってしまって、ついには学生ローンからお金を借りるようになりました。お金を借りると利息がついて、借りた金額よりも多く返さないといけない。わかっているけど、親の仕送りだけじゃ足りなくて、手当たり次第に借りれるところから借りていたら、もう借りれなくなってしまいました。学生のくせに、弁護士の世話になり、情けないです。まったくうちの親がお金をくれないのが悪いのです。

僕は北海道の田舎から東京の大学に入って、今は古い風呂なしアパートで独り暮らしをしています。入学当初は親から会社員の月給くらいの金額は仕送りをしてもらっていましたが、親父の会社が倒産寸前ということで、仕送りが減らされてしまいました。どうやら両親は僕の大学卒業資格よりも会社のほうが大事みたいです。大学くらいは親が責任もって通わせてくれるのが普通だと思います。大学卒業まで子供の面倒を見るのが親の義務だと思うのです。僕だって贅沢したのを我慢して、こうして風呂もない共同トイレのアパートで生活しているのですから。もっと親父やお袋も節約した生活をすれば、仕送りもできたはずです。

僕の金遣いが荒いのかもしれないけど、勉強のストレスを発散するにはそれなりに遊びが必要です。周りの友達もそう言っています。だいたい、大学なんて遊ぶために入るようなものじゃないですか。高校までは大学受験のために勉強しなければならなかったですからね。一流大学へ入って、一流商社へ入社すれば、一生お金には困らないですからね。大学生活の4年間はいわば就職前の息抜き期間みたいなものです。就職してしまったら簡単に休みが取れないですから、長期休暇を取って海外旅行なんて今のうちだけですよ。学生なら学割もあったりして、安い費用で海外旅行が楽しめるのです。羽を伸ばすのは今だけだから、お金を借りてでも楽しまなきゃ損ですよ。うちの両親みたいに、歳をとってからお金がないのはみじめですからね。僕は子供ができたら、大学までは卒業させるつもりです。